ワンルームマンションで投資に王手をかける

男性

資産運用の一つです

電卓と積み木

マンション投資は資産運用の一つの方法として近年、人気を集めています。株式やFXに比べるとリスクも少なく、普通のサラリーマンやOLでも気軽に行うことができます。売却した利益や家賃収入などで老後の資金を作ろうと考える人も多いのです。

Read More

低い参入障壁

部屋

所有期間の検討

投資物件としてワンルームマンションを購入しようとする際は、その物件をいつまで所有するのかに関する見通しを明確にしておきましょう。というのも、日本の不動産事情では築年数が増えるに従って不動産物件の収益力は低下していくことが予想されます。そのため、不動産投資においては仮に対象物件を所有している期間の間に十分な賃料収入が得られていたとしても、資産価値が落ち過ぎたために売却の際に期待していただけの価格での売却を行えず、トータルでその物件に関する投資対効果を算出してみると赤字で終わってしまった、という事態に陥るリスクがあるのです。中でもワンルームマンションは新しい物件が数多く市場に出回るタイプの不動産物件ですので、所有期間をどの程度にするのかという判断が投資を成功に導く上で尚更重要な役割を担うのです。

費用の安さと手間の少なさ

このような注意事項を有してはいるものの、ワンルームマンションは不動産投資の中でも人気の高い投資対象物件となっています。その理由として、一部屋だけを購入するのであれば、物件価格の相場が高額になる都心部であったとしてもそれほど多くの費用負担を要しないという点が挙げられます。また、都心部を中心に投資物件となるワンルームマンションを斡旋する業者が増え、そうした業者の中には空室のリスクを担保する上に、物件の管理も担ってくれるという条件を提示する業者も少なくないという点も挙げられます。このような背景からワンルームマンションに対する不動産投資は、少ない資金で投資が行える上に運用に伴う負担も軽くなることによって参入障壁が低くなるのです。その結果、副収入の獲得を目指すサラリーマンなどの多くの不動産投資家から人気を集めているのです。

知らなくても投資できる

積木

大阪について知らなくても、大阪の収益物件に安心して投資をする方法はいくつかあります。その1つが大阪を中心に運用をしている上場不動産投資信託を保有することです。不動産のプロが運用しているため、リスクは小さいと言えます。

Read More

家賃滞納リスクに備える

模型

家賃債務保証は家賃滞納のリスクを減らすことができるメリットがありますが、注意していないと行き過ぎた対応の為に空室リスクを招くこともあります。賃貸人が滞納した場合でも、家賃債務保証契約があれば家賃収入を得ることができるので人気があります。

Read More